Ribbonnのサイトです

りぼん&りぼん
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 次のページへ→
投稿日:2016年06月27日 投稿者:ribbonn コメント数:0件

ご近所の 70歳代の 同じことを何度も訊く 草むしりが大好きで「誰にもやらせたくない」という方に

スイッチを入れられた私

このところ近年になく 草むしりに はまっています。

ところが 一か所を丁寧にやれないんです。

すぐに飽きて

こっちを 少しやっては ほかの場所へと気が散ってしまって…

「飽きっぽい」という性格がそうさせるのかしら?

 

こんな風に 草を取ったところと採ってないところが きれいに分かれていないんです。

 

 

こんな感じ ばらついています。

 

でも このところむきになってやっているので

 

ここまで 雑草が減りました。

 

てってが 見守ってくれてます。

 

実は

6月30日から7月7日まで 垂水を留守にするので それまでに できるだけ頑張ります。

御用のある方は緊急以外は ご連絡はご遠慮くださいね。

お電話をくださったあなたの通話料も高くなるので 電話には多分でないと思います。

ということで あと4日間 草むしり頑張りま―――――す。

投稿日:2016年06月24日 投稿者:ribbonn コメント数:0件

庭の雑草を先日買った 鎌で取ってたら

地層を発見!

地層ができるまでは かなりの年月が かかるものと思ってたけど

ここ5年で約3センチもの堆積物が新しい地層を作っていました。

そうです。 私の住む町には火山灰が降り、積もるんです。

なんかすごっくない?

どんだけ 深い地層なの?って感じがするでしょう。

ところが 実はこんなんです。

鎌と比べるとその小ささがわかる。

 

中学校の時以来です。

地層という言葉を使ったのは…

そこで調べてみました。

理科の最強指導法 ―地学編―

によると

気になる文句が

「地層とは、石の積み重ねである」

「基本的には水の働きで行われるが、特殊要因として火山活動がある」

我が家の地層は これだね

まあ、ここまでは そうでしょう、ということで素直に読んでたけど ここからです。

 

「覚えなければならないもの」を明確にしたうえで、きちんと覚えさせる。

そうね

地層は石の積み重ねである。

これぐらいを覚えるといいかなと思った私の考えは甘かったようです。

そこには

「岩石の6種類は つべこべ言わず丸暗記させる」

えっつ?

わたし覚えてないよ!

それでも 立派な( か どうかは 別として)大人として生活してるよ。

礫岩

砂岩

泥岩

ぎ灰岩

石灰岩

チャート

皆さん 覚えていますか?

わたしゃ どれも覚えているというより初耳ですが…

砂と石灰 泥なら知ってるけど

 

何のために覚えるの

何のために学ぶの?と思ってしまいます。

 

でも教師にとっては

人生何のために、どう生きるかは ほかの教科の先生に任せて

自分が指導する教科の成績を上げるため だよね。

いい点を取り 偏差値をあげ

いわゆる いい学校へ進学する。

それが目的になってない?

目的は そこ じゃないと思う

一度っきりの人生をいかに生きるか、いかに楽しめるか

そのために 多くのことを学び、そこから自分なりの答えを見つけていく。

応えはいくつあってもいい。

あはは

そんな事 学校の先生に求めちゃいけないね

与えられた職務を一生懸命 務めているだけだもんね。

 

 

 

投稿日:2016年06月22日 投稿者:ribbonn コメント数:0件

  

たわわに実ったブラックべりーが熟し始めました。

今年最初の収穫です。

昨年は2キロ収穫できました。

今年はどれだけ収穫できるか愉しみです。

 

ブログの更新が遅れたのは

実は

サーバーを管理してもらっている会社が同じ知人のブログが

ハッカーに あって それで

ハッカー退治?をしてもらってたので

ブログの更新ができませんでした。

身近にあるんですね。

私「私も、ハッカーに合うことあるの?」

会社「たぶん大丈夫でしょう。」

私「そうよね、こんな内容には誰も興味ないもんね」

会社「そうですね」

私…(そう はっきり言われると複雑な気持ち)

私「ハッカーされた方に私のブログをリンクされてんだけど、そこから入ってくることないの?」

会社「たぶん大丈夫でしょう。引っかかるような内容じゃないから…」

私…これも なんだか複雑な気持ち

 

これからもハッカーされない内容でブログ更新し続けまー―――す。

 

投稿日:2016年06月17日 投稿者:ribbonn コメント数:0件

先日紹介した すももの木

実は ハンガリーに私が行ってなければ

我が家には多分なかったでしょう。

 

どういうことかというと

今から15年前 自費と有給休暇を使って

保育の研修にハンガリーに最初に出かけた時の

ある経験がすももを植えるきっかけとなったのです。

難しい研修を終え

元ハンガーリーの領地だったトランシルバニア地方を訪れた時の出来事でした

小さな地方都市から チャーターしてあるバスに乗って

ハンガリーに戻ろうとしたとき

60代のおじさんが

「行く途中に俺の家があるから乗せてくれ」ということでヒッチハイクされたのです。

気のいい私たち10名は 

ハプニングを愉しみました。

 

ところが

おじさんの家は わき道に逸れること片道1時間半以上のところにありました。

福岡から鹿児島に向かうところを宮崎に寄れというようなものです。

通訳を通じて

「ちょっと遠くない?」と 尋ねると

「俺んちには果樹園があるから そこでちょっとゆっくりしていってくれ」

とのことです。

 

舗装されていない道を揺られてやっと着くと

確かに そこにはありました果樹園が…

30坪位のところに所狭しとリンゴ、洋ナシ、プラム、すももが植えられていました。

「好きなだけ食べっててくれ」

そして

「好きなだけ持ってってくれ」ということで

ジャガイモくらいの大きさのリンゴを頂きました。

 

日本の果物の美しさと味の良さをしみじみ思いました。

更に

「俺 日本の歌知ってるよ」

と言って歌ってくれたのが ♬庭の千草♬ でした。

 

少し はめられたような気もしましたが

とっても楽しかったのです。

そして庭の感じが 何とも言えず心地良かったのです。

庭だけでなく 人との出会い その空気感が何ともたまらなかったのです。

 

それで

ほとんどの人は気づかない場所に私だけの果樹園を作ったのです(実はガレージの上なのです)

あのハンガリーのおじさんちのような庭を再現させたくって…

 

さらに小さい5坪くらいの庭ですが…

アーモンドも以前はあったのですが今はすももと季節の花が人知れず佇んでいます。

 

素敵な出会いに乾杯!

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿日:2016年06月15日 投稿者:ribbonn コメント数:0件

草取りをするときには

亡き父(20年前に天国へ)が使っていた

これを使っていたのですが

名前はわかりません

 

いまこれを使い始めました。

先日友人が購入したのを見て私も まねっこして買いました。

ミニ立鎌という道具です(1500円)

うん。

これはいい。立って草取りができます。

これまで しゃがんで やっていたので ひざと腰にかなり負担がかかっていました。

電動草刈りも買ったのですが

本格的なものではないので

買ったその時だけで 今はさっぱり使っていませんでした。

しばらく これが活躍しそうですよ。

 

ところで

ひざの痛み予防には生姜がいいって テレビで…

明日は店頭から ショウガが消えるんだろううな。

 

そんなことを思いながら

明日も草取りをします。

ご近所の70歳代の方

あなたの出番が ないくらい今は庭と畑の雑草を頑張って取っていますよ。

あなたの

「草取りは好き!誰にもやらせたくない」

この言葉が私を 草取りに駆り立てます。

確かに楽しいね。

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 次のページへ→