Ribbonnのサイトです

りぼん&りぼん
だから、言ったでしょう。総集編
投稿日:2012年01月06日 投稿者:ribbonn

 

へチオクラ あさがお マリーゴールド ひまわり

時期を間違えた花たちは

枯れてしまうもの、花を咲かせるもの。来るべき夏の到来を待つものとそれぞれの姿を見せてくれました。

この草花をみて、気づいたことがあります。

それは「己を知れ」ということです。低温に強いのか、高温に強いのか、いずれにも対応できるのか…

そして それは 私たち人間に対しての花からのメッセージかもしれません。

人生は、自分探しだと思います。自分を知ることにより、自分自身の人生のミッションに気づく。

私は40年近く保育士をやってきました。思い返せば壮絶な戦いを、してきました。今思えば戦っていた相手は、上司でも、同僚でもなく、実は自分だったことが今になって分かります。

保育園児には「あなたは、あなたのままでいいのよ。長所も、短所も、みんな あなただから。そんな あなたが好きだから」でも相手を傷つけたり、ルールを守らなかったりした時は、そのことは指摘するけど、あなた全部を否定するものではないからね…。

そんな思いで保育をしていました。でも自分に対しては、長所はもっと磨きをかけ短所は絶対に無くそうと努力してきました。自分のことを否定してばかりで私の体と心はガチガチ、ストレスの塊でガチガチ。自分が頑張っているから、つい周りの人に「…のに」の愚痴ばかり、自分を否定するから周りの人のことも当然否定する。相手にも、きっと この緊張感が伝わってたと思います。マイナスの気が私を包んでいたと思います。

 

そして ある時「私は私のままでいいかも。背伸びしないで …ありのままの私でいよう。そんなに悪い人間じゃないと思うから…」そう、思った時から、自分自身の存在価値が見えてきたし、自分を生かせる道が見えてきました。

低温に弱いのなら、そこは避けるし…そうでなければ頑張るし…

ありのままの自分を知ると、世の中まんざらではないことに気付きました。

こんな私を見抜いて長年付き合ってくれる友人に感謝。そして10年前にここ垂水に住むようになった私を快く受け入れてくださっている皆さんに感謝。私を母として妻として受け入れてくれる家族に感謝です。そして あさがおさんに感謝。

                      本日全国的に出初め式&私の誕生日

 

 

 

コメントをどうぞ
お名前(ハンドルネーム可)[必須]
メールアドレス(非公開)[必須]
ウェブサイト
コメント
写真1
写真2
写真3
数字(セキュリティコード)を
入力してください