Ribbonnのサイトです

りぼん&りぼん
素敵な仲間たちと小さなつぶやき
インドネシアの中学生の民泊受け入れ
投稿日:2017年03月23日 投稿者:ribbonn

もう何回目になるでしょうか。

毎年3,4回ほど受け入れています。今年はこれが1回目です。

 

今まで さしてトラブルが起きたことはなかったのですが

今回は 本当に焦りました。

 

まず その前触れがあったのは 夕飯の準備をしているときのことです。

最近は 炊飯器ではなく7層のステンレス製の鍋で炊くのがマイブームになっていて

とって もおいしく炊けるんですよ。おこげもできるし…はまってます。

だからインドネシアの子供たちにも美味しいご飯をと思って この日も炊いたのです。

 

ところが 今回はお米に芯があってとても食べられません。

仕方がないので急きょ うどんに変更しました。

 

そして何事もなかったように楽しい夕食を終え

お互いに片言の英語でコミニケーションを取り 一日目は無事終わりました。

 

朝5時半です。

今日は 全員(43名の子供と受け入れ家庭の人たち)で昼食に手巻きずしをして食べます。

だから朝食の分と、昼食の分のご飯を 用意します。

それで炊飯器を用意して炊こうとするのですが 先日 炊飯器を ていねいに洗ったときに

蓋についている部品を どこかにやったようです。スイッチを入れてもエラーが出ます。

それで昨日の鍋で炊いてみましたが 昨日同様 芯があって とても食べられるものではありません。

仕方がないので

息子に電話をして 炊いてもらおうとしたら

携帯が見つかりません

万事休すです。

時間は刻々と過ぎていきます。

 

家電話から息子にかけようとしても電話番号がわかりません。

なんということでしょう。

 

こんなにいろんなことが重なるなんて…

 

仕方がありません。(3回目)

息子の家まで10分走ることにしました。

 

するとそこへ 女神が現れました。

知り合いが家の前を車で通過中。

 

私は 大きなアクションでその車を止め、訳を言って息子の家へ送ってもらいました。

3分で着きました。

 

時計を見ると6時です。

玄関のチャイムを鳴らし、外から遠慮しがちに大声で呼びました。

     ・

     ・

     ・

そのあとは 何事もなく スムーズに時間が流れました。

 

本当に 久しぶりに大慌てしました。

お蔭でボケ防止ができたかな?ちょっと しんどかったけどね。

 

こどもたちに迷惑かけることなく無事に 送り出せて本当によかったわ。

コメントをどうぞ
お名前(ハンドルネーム可)[必須]
メールアドレス(非公開)[必須]
ウェブサイト
コメント
写真1
写真2
写真3
数字(セキュリティコード)を
入力してください