Ribbonnのサイトです

りぼん&りぼん
素敵な仲間たちと小さなつぶやき
午後5時から山登り
投稿日:2013年07月11日 投稿者:ribbonn

「はっ?」でしょ。

私も誘われはしたものの 「はっ?」でした。

実は

私 歴女なんです。

それで いつもは図書館で月に1回、歴史書をみんなで ひも解いて

勉強をしているんです。

今月は  図書館から出て 自分の「目」と「足」で確かめよう ということで

垂水にある1516のお城のなかで一番古いお城跡を 見学に行ったわけです.

でも 出かけるなら 何も夕方でなくても と思ったのですが

行ってみて分かりました。

車で10分、山を登ること10分で着いたんです。

なるほどね。

今日は 7月には珍しく桜島の灰が降って来ました。

緑の若葉も ほらっ こんな具合です。

 

 車から降りて 山道へと入ります。少し進むと 林の中に進み あたりは暗くなりました。

木々に囲まれて、うす暗くなり2,3分登った次の瞬間

あたりが急に開けて

広っぱに出ました。

ここが垂水城の跡だそうです。

標高59メートルにある山城です。

今では雑木林と畑地になっていますが、

垂水で最も古く、平安時代末期に藤原舜清氏が築城。

眼下を見下ろすと 垂水の町が 広がっていました。

900年前頃 藤原舜清氏は この眺めを どんな思いで見たのかなぁ~

悠久の時の流れに想いを馳せた ひと時でした。

日ごろ、時間とかけっこしている私には こんな時間の過ごし方も大事ですね。

 

上空には 桜島の灰が垂れこめています…。

6:30には家にたどり着き、ちょっと豊かな気分の 一日の終わりでした。

 

コメントをどうぞ
お名前(ハンドルネーム可)[必須]
メールアドレス(非公開)[必須]
ウェブサイト
コメント
写真1
写真2
写真3
数字(セキュリティコード)を
入力してください